JIN-blog

ジンブロ|住吉甚一郎のブログ

号泣

2014年1月22日 | Comment: 0

気持ちを爆発させて息子が泣いている。
多分、待ち痺れが原因だろう。
待ち痺れた日はいつも大泣きをする。

その泣き声を聞くと、
祖母に連れられて、親戚の家に行った時を思い出す。

まずお茶が出て、それからお喋りに花が咲く。
そして私は終わるまでずっと待つ。
その時間の長かったこと。
家の周りを探検するのに飽きて、
家の中の物を物色するのに飽きて、
それでもまだおばあちゃん達の話が終わらない。
とにかく時間が経つのが遅く、待ちすぎて心が痺れていた。
痺れて頭もグツグツとのぼせてきた頃にようやく帰ることになる。
帰れる!
そう思っていると「今いくつになったけ?」
こちらに話題を振られる事もあった。
イナッフ!!まじイィナッフ!!
もういいよ!!
ソソクサと祖母の車に乗り込んだものである。

あの時はあれだけ嫌だった待ち痺れ。
今は懐かしく感じ、久々に味わってみたくもある。

コメントを残す

Required fields are marked *.