JIN-blog

ジンブロ|住吉甚一郎のブログ

アルカモネ

2014年5月10日 | Comments: 2

実は超能力の持ち主だが、力を発揮する条件がシビアすぎて本人もその能力に気づいていないことって、アルカモネ。

例えば

クシャミをした時だけ不死身。

クシャミをした時だけ刀で切られようが銃で撃たれようが亀とぶつかろうが平気。
ただ、このご時世に刀で切られることも銃で撃たれることも亀が前から歩いてくることもなかなかない。そのため、本人はその能力に気付かぬまま生涯を終える。

他には

いつもは右足の親指からだが、たまたま左足の小指から爪を切った時だけ円周率を果てし無く言う事ができる。

3.14ナンタラカンタラを再現なく、ギネス記録を超越して言う事ができる。
ただ、反対足のそれも小指から爪を切ることはなかなかなく、また、円周率を言う事に興味がない。そのため、本人はその能力に気付かぬまま生涯を終える。

アルカモネ。

2 Comments

  1. Makio
    2014年5月12日

    ぼくはウサギの言葉を理解できる特殊能力を持っているが、ウサギはまったく鳴かない。


    • jin
      2014年5月18日

      よく君はウサギ言葉で話していたよね。


コメントを残す

Required fields are marked *.