JIN-blog

ジンブロ|住吉甚一郎のブログ

継続している

2014年10月31日

IMG_2087.JPG
あ、危なかった。
朝に走るという事の継続がブツンと途切れてしまうところだったのだが、今日走ったという事でなんとか首の皮一枚で繋ぎ止めた。

実は出産の数日前、つまり10月2日あたりから朝走っていなかったのだが、それは妻を残して外に出る事がどうしても出来なかったからである。生まれる前はいつ産気づくか気が気でなかったし、生まれた後は一人が泣いてもう一人が泣けば、産後に体力が低下している妻にとってはエライコッチャ状態になってしまう。つまり朝は妻のバックアップ体制に入っていたという訳だ。そこに費やしたエネルギーを換算すると、走っていた事に匹敵するので、昨日までは走っていたと言える。
しかし、今日からは違った。もしも今日走っていなかったらサボったということになりそこで記録は終了となるところであった。かなり危なかった。
もしかすると、走っていた事にはならない。と、非論理的にお考えになる方もいるかもしれない。そんな貴方には次の画像を見てもらいたい。私が真剣だという事、走り続けているという証拠がコレである。

IMG_2086.JPG
真剣がメガネを掛けて疾走している。
私は月曜から土曜までの週6日、この顔で一号線を通り抜けていくのだ。

10月2日に布団から出ようとしたら朝に追い抜かれた。どんどん朝に追い抜かれて30日までに28周遅れとなってしまった。
こうとも言える。

最後に歌という形で締めくくりたい。
『走続力』
私は走り続けている
私だけではない君も皆走り続けている
その先で再開した時には
互いに祝福すれば良い
そして、
つべこべ言わずに明日走れば良い
ららららラン

パンダバシグチ

2014年10月29日

IMG_2085.JPG
敬愛するヒラヤマさんが、
このパンダバシグチのパンダに向かって雄叫びを上げて走って行った事を克明に覚えている。
あの朝、何故ヒラヤマさんがパンダに向かって走ったのか僕にはまだわからない。そして、今でも走ろうとは思わない。
いつか、パンダに向かって走る時が来るかもしれない。その時はヒラヤマさんに手紙を書こう。

「あなたの背中に追いつきました。」

そんな事を考えながら私は上野を後にした。

Beats

2014年10月10日

ズンダガボンゴン スチャラカパッパ!
ズンダガボンゴン スチャラカパッパ!

私は今、音に震えている。

話の始まりはこうだ。
とあるビックカメラのヘッドフォンコーナーを通った時に、何故かヘッドフォンを試してみたくなった。そしてフラリと試聴ブースへ行き、「Beats」という赤いヘッドフォンを手に取った。低音がブリブリなヘッドフォンだというのは知っている。

いかにも音を愛していますという感じを装いつつヘッドフォンを頭に装着する。ヘッドフォンコーナーに立ち寄るのは初めてであるが、誰も分かるまい。それ程自然にスルッと頭に装着した。
手元にはiPadがあり、音楽を聴く画面になっている。なるほどコレを操作して曲を聴く仕組みか。洒落ているな。
そう思いつつ再生buttonをタップし、音量バーをツィーと指でなぞり音量を上げる。
ズンダガボンゴン スチャラカパッパ!
ズンダガボンゴン スチャラカパッパ!

目を閉じて音を味わうように聞いているのだが、、、
うむ、一言で表すと、
店は音の響きで震えている感じだか、耳には優しく音が入ってくるという感じだ。低音が内側にではなく外側に響いている感じだ。というか、音が小さいのかあまり聞こえない。
音量を更に上げる。MAXだ。

ズンダガボンゴン スチャラカパッパ!
ズンダガボンゴン スチャラカパッパ!

これだけ音量を上げているというのに、音が優しい。外側が震えて内側ではしっとり聴くというのは新しい感覚だ。それにしても、しっとり過ぎやしないか?というか、ヘッドフォンのせいで音が遮られている気がする。故障か?ん?

いや、違う!
音が鳴っているのはiPadの隣のミニスピーカーっぽい。そして、よく見るとこのヘッドフォンとiPadは繋がってはいないではないか。ということはこのヘッドフォンは全く関係ない。恐る恐るヘッドフォンを耳から浮かせてみる。

ズンダガボンゴン スチャラカパッパ!

ミニスピーカーが物凄くいい音を出している。音量は、、、MAXだ。
実際に店が音で震えている。
私も今、音に震えている。
心拍は、、、MAXだ。
両足は、、、GAKU GAKUだ。

これは、まずいぞ!
マズイマズイズイズイズィィィー‼︎
震える手で音量を下げる。
そしてそのままフェドアウェー。
と、思いきや私の取った行動は、、、

「音の余韻に浸る」だった。
無音に漂うように私はそこに立ち尽くした。ゆらりゆらりと、しなやかに。
そして静かにヘッドフォンを外した。私は音を聴きたいのではない。付けごこちを試しに来ただけなのだ。遮音性は、、、バッチリだ。私の耳との相性は、、、まあまあだな。値段は、、、少々高いな。一度Amazonで価格をチェックしてからにしよう。悩むなぁ。それにしても今日は腰が痛い。とりあえず帰るか。という雰囲気と顔つきをしながらその場を後にした。

もうこれからの人生、ヘッドフォンを試聴することは無いであろう。

保護中: ロングブレス

2014年10月4日

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Comments:コメントを読むにはパスワードを入力してください。
Categories: チビコロ