JIN-blog

ジンブロ|住吉甚一郎のブログ

大晦日ショック

2014年12月31日

皆様
今年もあと数時間となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私は、あぶない刑事を見ております。
実に、
16年ぶりにである。
そしてとてもショックを受けている。

あんなに憧れていた、タカ&ユージなのに!中学2年生の頃の家族旅行で沖縄に行った時も、一人だけ黒いズボンと黒い長袖のシャツ、黒いグラサンでキメて行くほどに憧れていたのに!

すっかり横浜が舞台という設定を忘れていたのである!
横浜に住んでいるのに損しとった!
ショック!

よし、2015はあぶ刑事イヤーにするとしよう。
新年の家族写真は赤レンガをバックに撮ることにしよう。

良いお年を!

年末ストライダー

2014年12月28日

IMG_2201.JPG
仕事を納め、旧知にも会い、
新年の服も買い、抱負も決まり、
後は大掃除と真新しいパンツを買うのみである。

父は1月1日の正月生まれであり、
名前も、
正一だった。
祥太郎、慶悟の名前も「祥・慶」とおめでたい感じの意味合いを継いでいるのである。

私はというと、風邪をひく土俵際にいる。足の親指の先で粘っている感じだ。
ついつい忘れがちになるのであるが、こういう時は心持ちをニュートラルに持って来ると良い。大抵それでやり過ごせるのだ。頭が痛い、気分が悪いというネガティブな状態をマイナスと考え数値で捉えてみる。例えば➖150。その➖を取ると150になる。なんだ150か、それでは0にしてみよう。そう考えるとケロリと気分も良くなるのである。
そんなバナナ!と思う方もいるかもしれない。しかし、人間は暗示・催眠にかかりやすいものである。占い・オレオレ詐欺・宝くじが存在していることがそれを証明している。
ただし、これは風邪にのみ有効であり気圧の変化等による頭痛には効き目がない。

なんだかんだで悪寒も酔いも引いてきた。
明日はキッチンの油をおもいっきし磨こう。

IMG_2206.JPG
ボーイはストライダーをゲットしたのでこれからガンガン乗る予定。私は大ジジさんの二眼レフを磨き上げたので年末年始はブローニーに焼き付ける予定。撮れているか不明だが。

とても楽しみである。

今朝のこと 3

2014年12月15日

「長ねぎおじさんだよー」

遠くから声が近づいてきた。
長ねぎおじさんというのが、だんだんと寝室へと向かってきている。

「長ねぎおじさんだよー」
うつらうつらと寝ぼけていたら、いつの間にやら布団の上にいたのでよく見てみると、長ねぎの上の部分、緑の二股に分かれている部分を持ったジョータロであった。
しかし、長ねぎおじさんと名乗っている。
布団につまづきながらも、こちらに近づいてくる。
ついには枕元に立ち、
「長ねぎおじさんだよー」と自己紹介してきた。やれやれ、まだ眠いが遊んでやるか、
「長ねぎおじさん、おは

べコンッッ!!

いきなり長ねぎで殴打された。
おはようと言い終わる前に長ねぎが振り下ろされたのである。
そして満足気に長ねぎおじさんは引き上げて行ったのである。

しばらくしたら今度は妻がやってきて、
「長ねぎ見なかった?」
と聞いてきた。

「長ねぎだと?見たというか長ねぎおじさんと名乗る人物にぶたれたぞ。そのまま向こうに去って行ったが。君が長ねぎから目を離したばっかりにこういう悲劇が起きるんだぞ。長ねぎから目を離すんじゃないよ!」
と言いたかったが、手短に、
「あっちに行ったよ。」
とだけ答えて再び眠りについた。

そして、
今朝の朝食は長ねぎ入りのおかゆであった。

即興

2014年12月14日

真っ赤だなぁ
なんていう童謡を聞いていた息子が、
「パパ、踊って」
いきなりコチラに振ってきた。
もちろんそれに応えて踊ってやった。しかし、やるからには期待のナナメ上をいかねばなるまい。穏やかではない激しい即興だ。
それに対するリアクションは全く無かったが、次の曲が始まると「パパ、もう一回やって」とオーダーが入った。まあ、気に入ってはいるらしい。
それからエンドレスもう一回が始まり、10曲は踊らされた。最後の2曲はどさくさに紛れた妻からのリクエストだ。
トコトン踊ってやった。これでもかッてぐらいに全力で。即興のベスト盤。これぞオール タイム ベスト オブ ジンイチロウッ‼︎‼︎‼︎‼︎

そしてその夜。

息子の夜泣きが半端なかった。
何かから助けを求める様に何度も何度も泣いたのであった。

今朝のこと 2

2014年12月13日

横たわる私の上にジョータロがゴソゴソとよじ登ってきた。
そして、おもむろにカエルの様な体制になりビヨンッと飛んで行った。
「うきゅっ」
発射の際にかかる圧が私の腹部を襲ったので、私は「う」と「き」の間の音を発した。
着地した息子はというと、寝ていた。

なんてアクロバットな寝ぼけ方だ!
そんな事を思いつつ、腹部をガードしながら再び眠りについた。

今朝のこと

2014年12月9日

ふぅぇーん。
目が覚めたジョータロがベソをかいていた。よく見ると布団にママがいない。
ママー。。と、ベソをかいていたが、ケーゴくんを見つけると頭を撫ではじめた。そしてケーゴくんを包み込むように添い寝して頭を撫ではじめた。

嬉しかった。

何故ならそれが寝起きの行動だからである。皆がいる前であれば、僕もナデナデできるよ!アピールに過ぎないのだが、このナデナデは本心からのナデナデだ。
The 兄弟愛ッ!

そんな二人を愛しく思い、私も二人を包み込むように添い寝した。
三人で丸くなりウトウトしよ・・・
痛てっ!
痛て痛て!
ジョータロが、
私を蹴りはじめたではないか。
ゲシゲシと蹴ってくる。
ナデナデと並行してのゲシゲシだ。

さて、パパは寝るとしよう。
布団と襖に挟まれる様にして眠りについた。